[モテフィット/大胸筋]バストアップのためにやっておきたいこと

モテフィットの効果を高めるために、モテフィット以外の部分でバストアップに良いとされることを行う方法もあります。

バストアップにはホルモンバランス、胸の脂肪の流れ、姿勢、筋肉など、さまざまな要因が必要になります。

モテフィットだけでは、着用時に胸が大きく見えるのと、胸が垂れるのを予防できるだけなので、本当にバストアップを叶えたいなら、上記のことも行う必要があります。

以下では、バストアップに効果が期待できるいろいろな方法をお伝えしていきます。

[モテフィット/大胸筋]女性ホルモンの活性化でバストアップ

大人になってからバストが大きくなる可能性があるのか気になるところですが、胸の9割が脂肪であることからも、体重を増やせば必然的に胸の脂肪量も増えて胸は大きくなります。

また、女性ホルモンもバストアップに大いに関係してくるので、女性ホルモンの分泌を活性化させることでもバストアップが期待できます。

モテフィットでバストの形を整え、胸に栄養をしっかりと送り、女性ホルモンを活性化させればバストアップも叶わない夢ではないということになります。

ただし、生理前など胸が張っている時期は乳腺が水をため込んでむくんでいるだけで、ホルモンの変化も大きい時期なので注意してください。

胸に栄養を送ることでバストアップを促す

胸の大きさに関係する女性ホルモンに「エストロゲン」があります。

エストロゲンそのものは食事などで摂ることはできません。しかし、大豆イソフラボンなどの女性ホルモンに似た働きをする成分をもつ食べ物があるので、それらを摂ることでバストアップ効果が期待できます。

大豆製品である豆腐や豆乳、納豆、味噌を意識して食べるのもおすすめです。

また、ザクロ種子にも植物性エストロゲンが含まれているので、そういった成分の健康食品などを摂るのも効果的です。

ただし、大量に摂取すればバストアップにつながるわけでもなく、むしろ栄養が偏って体に不調をきたす可能性もあるので注意してください。

ホルモンバランスを乱さない生活習慣でバストアップサポート

バストケアにはホルモンバランスを乱さないということも重要です。

ホルモンバランスを乱す要因
  • 偏った食生活
  • 不規則な生活
  • 睡眠不足
  • ストレスを溜める

食事は野菜を積極的に摂るようにして、炭水化物や糖質、塩分などの量に気を付けましょう。特に揚げ物や麺類などを好む人は注意が必要です。

また、寝る時間が不規則だったり、寝不足が続いたりすることもホルモンバランスを乱す原因になります。睡眠時間を十分に確保し、質の良い睡眠を心がけたいですね。

それから日常生活でのストレスも溜めないようにしましょう。疲れやストレスを感じたら休息をとって、ゆっくり身体を休めてください。

血行を良くして栄養を胸に届ける

モテフィットなどのナイトブラは就寝時の体温を高める効果もあります。体温を高めることで血行を良くし、栄養などを胸に届けやすくします。

胸を大きくするのは栄養と女性ホルモンが関係しているので、血行が悪いと栄養が胸に行きわたらずに育乳を妨げてしまいます。

胸は脂肪細胞を集めると言われている乳腺の発達がカギになります。乳腺の発達は女性ホルモンの分泌が必要で、そのためにたんぱく質などの栄養も胸に届ける必要があります。

バストマッサージがバストアップに効果的だというのは、身体を温めて血行を促進し、栄養を胸に届けるようにしているのです。

[モテフィット/大胸筋]筋トレによって胸を強化

モテフィットの育乳効果を早めるために効果的なのが筋トレです。

というのも、乳房自体は9割が脂肪なので鍛えることはできないのですが、それを支える土台となっているのが大胸筋と小胸筋になります。

大胸筋と小胸筋

大胸筋は前胸部の最も大きな筋肉でバスト全体を支える土台となっています。大胸筋を鍛えることによって、バストを上に持ち上げ、バストを中央に寄せて綺麗なバストラインにすることができます。

小胸筋は大胸筋の深部にあるインナーマッスルで、肩甲骨と肋骨をつなげています。小胸筋も鍛えることによってバストを持ち上げる効果があります。また、小胸筋の柔軟性を高めると猫背などの姿勢を改善しやすくなります。

大胸筋を鍛えてバストアップ

大胸筋を鍛えるのに一番効果的な方法は腕立て伏せです。お金もかからず自宅で簡単にできるのがいいですよね。

腕立て伏せは筋トレ初心者にはキツイ運動なので、はじめは膝をつけて行うと良いでしょう。

腕立て伏せのやり方
  1. 肩幅よりやや広めに腕を広げた状態で、両手を床につけます
  2. 両膝を付いて四つん這いの状態になります
  3. その状態から肘を曲げて上体を下ろしていきます。下ろすときに息を吐き、腕を伸ばすときに息を吸います。
  4. 10~15回を1セットにして、3セット行います。セット間は1分ほどインターバルをとります。

そのほか、大胸筋を鍛える方法として合掌のポーズなどもあります。

合唱ポーズは、背筋を伸ばして胸を張り、胸の前で合掌し、両手を互いに押し合うように思いっきり力を入れて5秒間キープします。

それを繰り返し行うことで大胸筋が鍛えられます。

小胸筋を鍛えてバストアップ

小胸筋の鍛え方は、大胸筋と同じです。大胸筋を鍛える動作を行えば小胸筋も鍛えられます。だから腕立て伏せがおすすめです。

小胸筋はスマホを見る猫背の姿勢をすると縮み固まってしまうので、適度にほぐすようにストレッチをすることも大切です。

小胸筋をほぐすことで、肩こりや猫背、巻き肩などを緩和させることができます。デスクワークなどで疲れたときには小胸筋ストレッチを行ってみてください。

バストマッサージとモテフィットの併用が良い

胸やデコルテをマッサージすると、マッサージした箇所が温まり血行が良くなります。

血行を良くすることで、胸へ栄養がしっかりと届くようになり、女性ホルモンの分泌を促しバストアップ効果が期待できるというわけです。

また、バストマッサージはリンパの通りを良くして、老廃物を排出しやすくするのでデトックスとしても良いですよ。

バストマッサージのポイント
  • 身体の温まったお風呂上りなどに行う
  • 肌の摩擦を減らすためにクリームやオイルを使用
  • 基本は外から内へ、下から上へマッサージ
  • 気持ちが良いくらいの力加減でおこなう

モテフィットの付け方・プロテインを活用しよう

胃腸の大きさというのは急には大きくならないので、痩せ型の人が急にたくさんのゴハンを食べることはできません。

そういう場合は、プロテインなど栄養補助食品を利用して足りない栄養素を補充するのがおすすめです。

プロテインは筋トレなどスポーツをする人が、消費したエネルギーを効率よく回復するために摂取するものです。だから、たんぱく質や脂質、炭水化物などがバランスよく配合されていて、栄養価が高いのです。

プロテインは牛乳などに混ぜて飲むものなので、食べ物よりも摂りやすく、かつ高カロリーなので栄養も十分に吸収できます。

モテフィットの付け方・食事も意識して栄養管理をしよう

バストアップや育乳効果を高めるには、女性ホルモンが正常に分泌される必要があります。それには健康的な食生活をすることが重要です。

そのためにはバランスの良い食事を心がけつつ、意識して女性ホルモンに関係する食材も摂っていきましょう。

女性ホルモンに関係する食品
  • 大豆イソフラボン(豆腐・納豆・豆乳など)
  • アボカド
  • マグロ・カツオ
  • ナッツ類(アーモンド・クルミなど)
  • 良質な油(オリーブオイルなど)

大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」に似た構造を持っていて、女性ホルモンに似た働きをすると考えられています。

アボカドやナッツ類は女性ホルモンの分泌を促し、マグロやカツオに含まれるビタミンB6がエストロゲンに働きかけて女性ホルモンを活性化させると言われています。

良質な油のオリーブオイルに含まれる脂質は、体内でコレステロールに変化し、女性ホルモンの材料になります。

モテフィット公式サイトはこちら